大好きな相撲のことを
<< September 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
大相撲:名古屋場所・中日

あっという間に、中日です。

今日の取組の感想です。

 

○豊ノ島 − 貴源治(すくいなげ)

これが経験の差なのかなあ。。。

パワーは貴源治に分があったと思うけど、豊ノ島は絶妙なタイミングで投げたよね。

やっぱり豊ノ島は引き出し豊富だし、豊ノ島にしか分からないタイミングを知ってるって感じ。

 

琴奨菊 − ○友風(寄り切り)

友風は、お手本なようないい相撲だったかも。

「休場している嘉風が、取組の行きと帰りに、友風に電話で20分ずつアドバイスしてる」みたいな記事が出てたけど。

嘉風は、もしかしたら今の自分にはもうできない攻略法を、友風に伝えてるのかもしれないね。

そして友風はきっと、どんなアドバイスされても、ちゃんとできちゃうんだろうなあ。

 

○朝乃山 − 遠藤(上手投げ)

朝乃山は、ついに先場所みたいな立ち合いが出たね。

あれだと、遠藤にも差し勝てるんだね。ちょっとすごい。

最後は投げ、というのも、これは好きな人にはたまらない感じだよね。

 

○阿炎 − 竜電(引き落とし)

阿炎はやっぱり、半端なく速いんだろうね。

後退するように見せかけておいて(?)、そこから身体をかわすって、ちょっとできないよね。

でも、竜電も、なぜかまわしを取らないうちに攻めてたので、ぜひまわしを取ってから……って気はするかも。

 

○御嶽海 − 逸ノ城(押し出し)

御嶽海は、今日も素晴らしい相撲でした。

左上手を取られたのに、そこから上手を切って勝ったよね。

「どういう状態になってからでも勝てる」という風に、進化しつつあるかな?

 

ただ、取組のあと、

「自分で攻めてないから駄目ですね」

と言ってて、あんないい相撲なのに反省してるのはすごいと思うんだけれど、気になるのは、御嶽海が自分の相撲を「ダメ」的なこと言った翌日って、結構負けるんだよね。

ちょっとだけ明日が心配です。。。

明日の阿炎は、動きが速いしね。

 

玉鷲 − ○高安(押し倒し)

高安の肘は大丈夫だったかな。

もし休場したら、四大関が休場みたいなことになって、史上初みたい。。。

でも、史上とか関係なく、痛いなら休んだ方がいいよね。

お大事に。。。

 

○鶴竜 − 大栄翔(はたき込み)

鶴竜のスマートな引きが、ちょっとすごかったです。

大栄翔のことは、白鵬も昨日はたいてたけど、はたきたくなってしのうのかなあ。。。

 

 

ということで、全勝は白鵬、鶴竜。

1敗は高安だけど、怪我が心配だよね。

2敗は、御嶽海、妙義龍、友風、照強。

優勝は、白鵬先生次第だけど、2敗くらいまでチャンスありそうかも?

 

| 13:14 | 2019年名古屋場所 | - | - |
大相撲:名古屋場所・七日目

早くも七日目☆

今日の取組の感想です。

 

○豊ノ島 − 佐田の海(とったり)

今日の豊ノ島は、動きもよくていい感じ。

やっぱりうまさは健在かもで、とても嬉しいです。

 

豊ノ島は、朝稽古前に朝食を取ることにしたみたいで、そしたら調子がよくなってきたとか。

もともと東京の自宅では、朝稽古前に朝食を取ってたらしく。

力士で、朝稽古前に朝食食べるって、あまりなさそうだけど、でも人間それぞれのリズムがあるし、朝食だろうと何だろうと、豊ノ島にとってリズムの出るやり方が一番だよね。

 

○松鳳山 − 貴源治(寄り切り)

これは、経験の差が出たって感じがしたかも。

松鳳山は落ち着きまくってたよね。

そして、出ていくタイミングが、抜群すぎ。

松鳳山が出ようとしたとき、ちょっとまだ早いんじゃないか?と思ったけど、ご本人は「今がベスト」って分かってたんだよね。すごい。

 

一方の貴源治はますます強くなりそうで、ファンの皆さんは楽しみだろうなあ。

 

阿炎 − ○北勝富士(押し出し)

阿炎は、回りこむ途中で、足が出ちゃったって感じなのかな?

あんな風な感じのまま、うまく回りこんでいくときもあるんだけど、今日は追っていく北勝富士が速かったのかも?

というか、北勝富士の圧力って、結構やばそうだよね。

師匠が北勝海だから、そこは鍛えられてるんだろうなあ。

 

○竜電 − 玉鷲(突き落とし)

竜電は、本当にうまいし、動きもダイナミックだよね。

玉鷲は、昨日以外は、圧力が相手に伝わっていない風?

右手を怪我してるんじゃないか、とか誰かが言っていたけれど、どうなのかな。。。?

 

○御嶽海 − 朝乃山(押し出し)

御嶽海、今日も素晴らしい相撲だったね。

引かずに攻め続けたところが素敵だし、しかも、攻めもよく考え抜かれてる感じ。

さすがでした。。。

 

朝乃山は、先場所と立ち合いが、どこか違う感じ。

どっしり感がないよね?

ちょっとリラックスした方がいいんじゃないかって思った。

 

豪栄道 − ○遠藤(寄り切り)

遠藤の、うまさと力強さの両方が、よく分かった一番。

これはファンの人はうれしい相撲だっただろうなあ。

 

豪栄道が何かかみ合ってなくて、心配です。

 

大栄翔 − ○白鵬(はたき込み)

白鵬先生は、どうしてもはたきで決めたかったのかなあ、4回くらいはたいてたよね(笑)

普通の人だと、2回くらいであきらめると思うんだけれど、さすがに意志の強さを感じます。。(?)

何より、普通の人だと、こんなはたいてたら、もうはたきは決まらないと思うんだけれど、それでも決まるのがさすがすぎ。

 

というか、組めば勝てたと思うんだけれど、「組まないで勝ってみよう」ってモードだったのかな。。?

ともかく、白鵬先生は今場所も強い、ということは分かりすぎました。

 

○鶴竜 − 正代(寄り切り)

何度も書いたけど、正代が鶴竜に勝つイメージが、まったくわかないんだよね。

惜しかった時もあるんだけれど、それでも、全然勝つ気配がしない。

やっぱり、鶴竜が正代の身体のこともメンタルも、知り尽くしてて、もうどうやっても攻略できるって感じなのかな。

 

鶴竜は、場所前は腰が痛いって言ってて心配だったけど、少しずつよくなってきたらしいね。

何よりです。

「最初は腰に負担をかけないように速い相撲を取ろうと考えていた。日に日に落ち着けるようになってきた。集中できている」

とのことでした。

 

そう!

鶴竜と言えば、、、

いつも土俵入りのときに太刀持ちをする正代が、今日は鶴竜との取組なので太刀持ちできず。

代わりに太刀持ちをしたのが、大翔鵬だったね。

大翔鵬は、鶴竜の元付け人で、新十両のときから、

「鶴竜関の太刀持ちをするのが夢です」

みたいなこと言ってたんだよね。

ついに大翔鵬の夢がかなって、私もうれしいかも。

 

太刀持ち、ちょっと緊張してる風だったけど、とても似合ってました☆

 

 

今日の中継は、いろんな力士の浴衣を紹介してて、楽しかったです。

豊ノ島の話にぐっと来たり。

阿炎は、友風の浴衣がとても似合ってたり。

竜電は素敵な色だったね。

 

 

最後に出た御嶽海は、西武ライオンズのキャラがついてる、北勝富士の浴衣。

(北勝富士が西武の始球式に出たときに着てた柄かも! 同期だからもらったんだね?)

 

その浴衣で御嶽海、西武の山川選手ばりに、

「どすこい!」

を披露。

山川選手の「どすこい」も可愛いんだけど、やっぱり力士の「どすこい」は、本物感すごい(笑)

キメポーズがかっこいい御嶽海でした。

| 22:42 | 2019年名古屋場所 | - | - |
大相撲:名古屋場所・六日目

六日目の取組の感想です。

 

○炎鵬 − 矢後(腕捻り)

炎鵬、すごかったね。

さすが、「ひねり王子」のあだ名つくだけあるよね。(つけたのは白鵬)

 

でも、ご本人は、「王子」が気に入らないみたい。

それで、別のあだ名を募集したら、報道陣から、「ひねり紳士」っていうのが上がったけど、炎鵬は却下したとのこと。

「紳士」はないかも(笑)

 

ともかく、炎鵬の相撲はいつも、「何やってくれるんだろう〜」とワクワクする。

白鵬先生も、攻め手のバリエーションが豊富で、やっぱりそんなワクワクがあるし。

そういうワクワクさせるところは、この二人似てるのかも。

 

竜電 − ○御嶽海(押し出し)

御嶽海は、素晴らしい相撲だったね。

竜電に、まわしをとらせない、超うまいおっつけとか。

本当に素敵な相撲でした。

 

というか、竜電には今まで二敗してたから、ご本人も、

「3回、4回と負けると、苦手意識が自然につく。勝っておくと全然、違う。大きいと思う」

とか言ってたみたい。

そして取組については、「理想的」って言ってたみたいで、、、いい気持ちで明日からもがんばってほしいかも。

 

○玉鷲 − 朝乃山(押し出し)

昨日まで負けていた玉鷲だけど、久々の玉鷲らしい相撲で安心しました。

この力強さがたまらないよね、玉鷲。

朝乃山は、もしかして押し相撲の力士があまり得意じゃないのかな。。。

 

○正代− 豪栄道(寄り切り)

正代は、今場所よく動いてるし、下半身も安定している感じ。

逆に、豪栄道がちょっと心配です。

負け方が、いつもの彼らしくないよね。具合が悪いのかな、、、やっぱり。

 

遠藤 − ○鶴竜(叩き込み)

鶴竜、完璧な相撲ではなかったけど、こういう相撲も勝ってしまうところが、さすが横綱だよね。

だけど、遠藤を叩くときの身体の動きとか、斜めなのに素早くて、これもさすが鶴竜。

とはいえ、遠藤は、今場所はいつもより調子よさそうで、ちょっと期待してます。

 

 

明日も楽しみにしてます。

| 14:06 | 2019年名古屋場所 | - | - |