大好きな相撲のことを
<< September 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
逆鉾が急逝

昨夜、逆鉾が亡くなったそうです。

 

逆鉾は、私が初めて好きになった力士でした。
その頃は毎日、新聞で逆鉾が載ると、切り抜いてスクラップしてました。
当時は、そこまで相撲知らなかったけれど、でもとても魅力的な相撲を取っていて、インタビューも素敵で、大好きでした。

 

ここ十年くらいはずっと、鶴竜を応援してました。
取り口は違うけれど、飄々としたところが似ていて、やっぱり弟子なんだなーと思ったり。
鶴竜に日本語を勉強させるために、なぜかスナックで演歌を教えたとか、可愛いエピソードもたくさんありましたね。

 

鶴竜が細いから、床山にした方がいいかなと迷っていたとか。
でも、新弟子検査のあと、逆鉾が「がんばろうな」と言ったら、鶴竜がにこっと笑って頷いて、それを見て、「絶対にこいつを育ててやろう」と思った、という話は、心動かされました。

逆鉾関、そして井筒親方になってからも、ずっと素敵でした。

 

心からご冥福をお祈りします。

 

(この文、最初別のとこに書いたんだけど、自分のブログに書くべきだよなあ、、、と思ってコピペ)

 

本当に逆鉾、大好きだったなあ。。。

 

今日、中継のときに、逆鉾が勝った相撲が三番くらい流れて。

どの一番見ても、それ見ただけで、一瞬でファンになっちゃうくらい素敵な相撲でした。
つくづく、私の好きなタイプの力士だったんだなあ。

それとも、逆鉾が好きだから、ああいう相撲が好きになったのかなあ。

 

来場所からもまた、鶴竜を応援します。

| 22:41 | ニュースから | - | - |
大相撲:名古屋場所・十二日目

十二日目の取組の感想です。

結び前と、結びだけね☆

 

○鶴竜 − 千代大龍(すそ払い)

かっこいい勝ち方だったよね、鶴竜☆

今年のすべて取組の中でも、ベスト5に入るんじゃないかな。

 

しかも、鶴竜は取組のあと、「体が勝手に反応した」とか言ってたらしく。

身体が勝手に、あんなすごいことしてくれるとか、鶴竜の身体って底知れない感じだよね。

 

御嶽海 − ○白鵬(寄り切り)

これは、御嶽海が白鵬先生相手にもろざし。

見ごたえのある相撲だったけれど、白鵬先生がやっぱり、さすがだったかなあ。。。

外四つから、どうするんだろうと思ってたら、普通に勝ってるし。

 

というか、御嶽海は、寄り切られる直前にはもう、腰が立って、普通の人が普通に立ってるような感じだったよね。

御嶽海、いつの間に、あんな体勢にされてしまったんだろう。

ジリジリと、寄りやすい体勢にさせていく白鵬先生は、やっぱりやばい。

白鵬先生って、最近は、ちょっと雑なときもある気がするんだけれど、今日は集中しまくってたよね。

相撲神、宿りまくりだったかも。

 

御嶽海も、素晴らしいところを見せてくれて、いい相撲だったね。

でも、もろざしからの攻め手がちょっと、バリエーションもっとあった方がいいような気もしちゃうのかなあ。

ただ、白鵬先生でなく他の力士相手だったら、勝ってただろうし、白鵬先生が異次元過ぎるだけかも。

 

ちなみに、武双山は、今朝のコラムで今日の御嶽海について、

「無理に突っ込まず、見ながらもろ差しになれば面白いが…」

とか言ってたよね。

まさに、御嶽海は、無理に突っ込まず、もろ差しになって、面白い相撲になったけど、、、勝てなくて残念だった。。。

 

ただ、ご本人は、

「じっくりいっては駄目。攻められなかった自分が悔しい」
と言っていたので、じっくりいくつもりはなかったのかも?
 

白鵬先生は、まだまだ強いね。

この強い白鵬先生に勝つ御嶽海が、また見たいです。

 

 

今日までで、全勝は鶴竜、一敗で追うのが白鵬。

千秋楽まで優勝の行方は分からない感じかな?

明日も楽しみにしてます。

| 01:56 | 2019年名古屋場所 | - | - |
大相撲:名古屋場所・十一日目

安美錦が引退しちゃいましたね。

安美錦が貴乃花を倒したときは、「世代交代感」がすごかったけれど、その安美錦が引退するなんて。。。

 

「今日はどんな相撲なんだろう!?」と、楽しみにさせてくれる力士だったよね。

と思っていたら、安美錦の現役中の決まり手は、全部で45もあったみたい。

舞の海ですら34手、そして白鵬ですら41手らしく、これはすごい数かも。

 

最初に、25歳のときに怪我した時は、「うわ、もったいない」と思ったものだけれど、そのあとも大活躍だったね。

むしろ怪我したことをプラスに変えていったような感じ。

いま怪我している力士たちも、そんな風によみがえるといいなあ。。。

 

 

十一日目の感想です。

 

琴勇輝 − ○友風(はたきこみ)

友風は、本当にどんな相撲でも取れそうな感じ。

しかも、昨日勝ち越したあとなのに落ち着いてて、立派だなあと思っちゃいます。

 

千代大龍 − ○大翔鵬(はたき込み)

大翔鵬は、阿炎のようにタイミングのいいはたき込みだったよね(笑)

鶴竜の付け人だった人は、引き技の天才になっていくのか?

 

○朝乃山 − 北勝富士(寄り切り)

朝乃山は、頭であたったいい相撲だったよね。

まだまだ伸びしろがあるって感じで、今後が楽しみです。

 

○遠藤 − 竜電(寄り切り)

遠藤は、今場所、「すごい!!」と言いたくなる素晴らしい相撲が多いよね。

怪我の調子がいいのかも?

今日は、「玄人好みの渋い相撲」対決だったね。

 

○御嶽海 − 明生(寄り切り)

御嶽海は、やっぱり天才肌だね。

明生の得意の左四つから、寄りきっちゃったよ。

明生もかなりやるのに、すごい。

相撲勘がやっぱり抜群すぎ。

 

というか、御嶽海の相撲の幅が、さらに広がるような一番だったんじゃないかな。

きっと、明生もそうだろうね。

 

この取組が結び前っていうのも、ちょっと新しい(笑)

大関一人もいないとか、びっくりだよね。

みんな早くよくなるといいなあ。

 

○鶴竜 − 琴奨菊(突き倒し)

鶴竜のスピードがすごすぎ。

琴奨菊もさすがに立ち合いうまかったけど、途中で体力負け。。。なのかな?

 

白鵬も、鶴竜について、

「重さと速さ、そんなに強く当たっているわけではないけど、そこに圧力がある。頭も下がっている」

と褒めてたみたいです。

 

その白鵬先生は、今日のお仕事は、土俵入りと勝ち名乗りだけだった感じです?

ゆったりとしたお顔で、ドルフィンズアリーナから去っていく写真が、印象的でした。

ただ、今日取組がなかったことが、白鵬先生にとってどう影響するだろうね?

白鵬先生が、神の調整力で、1日あいたことを感じさせない感じにもっていくのか、それとも。。。?

 

優勝争いは、

鶴竜が全勝、白鵬1敗、2敗で友風と照強

という感じで、ほぼ横綱に決まっちゃった感じもするけど、まだまだ楽しみたいです☆彡

御嶽海関、期待してます、よろしくね!

| 09:13 | 2019年名古屋場所 | - | - |